人には、いつの間にか刷り込まれている思い込みや信念(マインドセット)があることは先述しました。そういった思い込みには、能力や知性は生まれつきのものであり、変えることはできないといったものもあります。

しかし、『成長する思考態度』があれば年齢や性別に関係なく、誰でも進化し続けることができることが最近の研究で明らかになってきています。成長を自ら止めてしまう人の考え方を『固定された思考態度』、自分は成長できると信じている人の考え方を『成長する思考態度』といいます。

両者の最大の違いは、『自分をよく見せたい』と思っているか、『学びたい』と思って医いるかです。固定された思考態度をもっている人は、少し邪魔が入ると挫折して、学ぶことをやめてしまいます。そして、他人の成功を脅威とみなすようになります。

一方で、成長する思考態度をもっている人は学びたいという欲求が先にたっているため、困難や挑戦を進んで受け入れ、粘り強くやり続けます。結果何をやるにしても成功率が高くなります。

マインドセットを書き換える実験は海外では多数行われており、どれも高い効果を示しています。たったの30分で書き換えに成功した例もあります。アメリカでの実験ですが、カルフォルニアにある、もっとも貧しい地域にの一つにある、学力も最低レベルの高校の9年生(14歳)の子どもたちに、

●将来のあなたは今のあなたとおなじになるとは限らない
●人からどう扱われようが、どんな人間だと思われようが、あなたがその通りのにんげんだとは限らないし、将来そうなるとも決まっていない
●人間はよい方向へ変わることができる

といったことを教えたあとで、『人間は変われる』と思った出来事を、自身のことを含めて書かせました。この介入実験は学年が始まるころ行われました。学年が終わる頃、追跡調査をしてみると、この実験を受けた生徒と受けなかった生徒では驚くべき差が出たのです。

実験を受けた生徒の81%が幾何の単位を取得できたのに対し、受けなかった生徒は58%しか取得できなかったのです。健康状態、精神状態も実験を受けた生徒のほうが良好でした。

この実験は生徒たちに実験だということを説明せずに行いましたが、実験の過程を説明をした上で、大人に実験をしても効果がありました。しかし、不思議なことがあります。数年たつと、大半の人がこのような実験に参加したことをあまり覚えていないのです。ある大学での調査では、1年生のときに実験を受けた生徒に卒業前にアンケートをとったところ、全体の8%くらいの生徒しかこの実験のことを覚えていなかったそうです。しかし、実験で書き換えられたマインドセットはしっかりと定着していました。

新しいマインドセットが定着すると、がんばらずに必要な行動をとることができるようになります。マインドセットを書き換えるには、まず、新しい考え方を学ぶ必要があります。学んだら、日常生活でそれを少しづつ実行して、できたらその経験を誰かと共有すると一層効果があらわれます。身近な人とやってみてはいかがでしょうか