ストレスに強い、弱いとはどういうことなのか?

世の中には、上司に罵倒されても、数分後にはケロリと立ち直れる人がいます。体が不自由になるほどの交通事故にあったり、子どものころに親からひどい虐待を受けても、立派な社会人になり、同じような境遇の人たちに救いの手を差し伸べるような人もいます。一方で、つらい過去をずっと引きずったままつらい人生を送っている人たちもいます。

この人たちの違いはどこからくるものなのでしょうか?これは、人によってレジリエンスに差があることからきています。レジリエンスは、英語でresilienceと表記します。日本語では、『精神的回復力』『復元力』『再起力』などと訳されますが、心理学では訳さずにレジリエンスと表記するのが一般的です。(レジリアンスという表記もある)

この概念に注目があつまりはじめたのは1970年代ころからといわれています。貧困の家庭で育ったり、親を失って孤児になったりした子どもの成長過程を追跡調査していく過程で、不利な状況にあっても自力で克服して幸せな家庭を気付く人もいれば、ずっと不幸な人生を送っている人もいたのです。

この差は一体どこからくるものなのか?という研究が始まりました。そして、逆境を乗り越えた人たちには、共通した傾向があることがわかってきたのです。それは、厳しい環境の中でも、ネガティブなことにばかり目を向けないで、ポジティブな面を見出している、ということです。

ストレスに強いというのは、逆境をものともしない鋼のような精神をもつことのように思われがちですが、レジリエンスは、そうではありません。失敗を繰り返しても、順調に成長しているとか、まあ何とかなるだろうという楽観性があるのです。また、感情のコントロールもうまくできるので小さなことで一喜一憂して、無駄なエネルギーを消費しなくてすむという利点もあるのです。

PTSGという言葉をご存知でしょうか?PTSDは、心的外傷後ストレス障害のことで、別名トラウマのことです。PTSGは、心的外傷後ストレス成長と訳されています。大きなストレスを経験した後の大きな成長をあらわす言葉です。PとGの一文字が違うだけなのに、意味合いは対極にあるといってもいいくらい違います。

比較的新しい概念で、一般の人にはなじみが薄いのですが、2011年の東日本大震災あたりから臨床心理士など心のケアに携わる仕事をしている人の間では、注目を浴びています。

震災をうけた後は、誰もがショックを受けて呆然自失となってしまいました。しかし、その後、目の前にある問題を受け入れて前向きな行動をとる人、問題を受け入れられずに余計にストレスを溜め込む人とに別れました。

震災のあと、怒りや悲しみを人にぶつける人は以外と少なかったそうです。それどころか、『命が助かった自分は幸運だった』『自分だけがつらいわけではない』といったことを落ち着いて話すひとが多かったようです。

中には家族も家もすべて失ったにもかかわらず、復旧のために貢献したいという人もいたのです。ストレスに強くなるというのは、心の成長に鍵があるのかもしれません。

ストレスは種類もレベルも細かく分かれている!

実はストレスという言葉は非常に広い意味で使われています。日常のちょっとしたイライラから、深刻な精神病に関わるものまでひとくくりにしてストレスとよばれています。これは同時に、ストレスの定義をとても曖昧にしているのです。

ストレスの原因になるものは様々です。たとえば環境的なものであれば、暑さや寒さなど天気に関するものからくることがあります。肉体的には病気や怪我がストレスの原因になります。他にも不規則な生活からくる睡眠不足が原因の場合もあります。

社会人であれば人間関係職場や家庭の人間関係からくるストレスも多いと思います。上司とそりがあわない、家庭で配偶者とけんかが絶えないなど、人によっていろいろです。

こうしてみると、私たちの生活はストレスであふれているといっても過言ではありません。肉体的ストレスや不規則な生活からくるストレスであれば、自分の生活習慣を見直せば改善される見込みが高いので、たいしたことはないと思われます。

ネットでストレスを検索すると、ストレスをためない方法や、リラクゼーションの情報が数え切れないほど出てきています。ネットショップを覗けば、アロマテラピーなどの癒しグッズや、サプリメントが目白押しです。それだけ、ストレスに悩まされている人が多いということなのでしょう。

アロマやエステで解消できる程度でストレスが解消できるなら、それは歓迎すべきことです。しかし、それでは解決できないストレスも多くあります。

特に、職場や学校などの人間関係のストレスは難しいものがあります。自分ひとりで解決できることが少ないからです。ストレスがたまると、体によくない影響が出るのは、誰もがよく知るところです。

最初のうちはガマンすれば大丈夫かもしれませんが、塵もつもればの言葉通り、たまっていけば心身に不調をきたします。ひどいときは、自律神経失調症などの病気になったり、ひどいときはうつを発症してしまう場合もあります。

こうなる前に何かうつ手はないのでしょうか?ストレスをすっかりなくすことは無理でも、生活に支障のないていどに押さえることはできないものでしょうか?

それが、あるかもしれないのです。実は、最近の研究で、ストレスには今まで知られていなかった別の顔があることが報告されているのです。それは、『ストレスは有益になることもある』というものです。

おどろきましたか?ストレスが何かの役にたつことがあるなんて、にわかには信じがたいことです。でも、本当に海外の大学の研究でそのような研究結果が続々と報告されています。

一体、ストレスのどんな部分が役に立つというのでしょうか?ここで、一つ前置きしておきますが、それは『ストレスのすべてが役に立つ』ということではないということです。『ストレスは役にたつこともある』ということです。

また、ストレスも、それほど問題にならない小さなものもあるります。そういったものは、役に立つ、たたないと大げさに考える必要はないでしょう。しかし、大きなストレスを感じても、それが有益であれば、活用する方法を知っておいて損はありません。

ストレス=悪者という図式はどこからきたのか?

この実験の結果からみると、確かにストレスにはいいところなんて一つもない気がします。しかし、注意してほしいのは、この実験はあくまでマウスを使っての実験だということです。実際に人間に対してやったわけではないのです。

実はセリエの学説も、マウスの実験に基づいて導きだされた結果なのです。セリエの行った実験は、雌牛の卵巣から取り出したホルモンをラットに注射して、ホルモンがどのような影響を体に与えるのかを確認するためのものでした。しかし、ラットは免疫系の病気にかかり、次々死んでしまったのです。

セリエは、これが本当にホルモンの影響なのか疑問をもちます。別のマウスに雌牛のほかの内臓から取り出したホルモンを注射したところ、やはりマウスは似たような症状で死んでしまいました。ここから、セリエはラットが死んだのはホルモンではなく、注射が与える苦痛だったのでは?と思いいたります。

そこで、休息を与えずに運動させたり、騒音を絶えず聞かせたり、極端に気温を上げ下げしたりと、あらゆる物理的ストレスをラットにあたえました。ラットはやはり免疫系の病気にかかり死んでしまいました。

これをもとにセリエはストレス学説を発表したのです。セリエはストレスを『外部環境からの刺激によって起こる歪みに対する非特異的反応』と定義し、ストレッサーを『ストレスを引き起こす外部環境からの刺激』と定義したのです。

セリエはストレス研究の権威となり、40人以上の助手をつかい、大々的な動物実験を行います。1700にもおよぶ研究報告と7冊の本の執筆、15の論文を発表しています。ただ、これらの論文の中には、多額の実験費用を出してくれたスポンサーの意向が反映されているものもあったりして、すべてを信じるわけにはいきません。

それにセリエの学説は、そのほとんどが動物実験にもとづいているものです。これを人間にそのまま当てはめるのは、ちょっと飛躍しすぎではないでしょうか?しかし、セリエの広めたストレス学説はあっという間に世界中に知られることになりました。そのおかげで、『ストレスは体に悪い!』という印象が一人歩きするようになってしまったのです。

しかし研究が進むにつれ、ストレスが心身に悪影響を与えることばかりではないことが判明していきます。

アメリカの生理学者のウォルター・B・キャノンは、イヌやネコをつかった実験をもとに、『闘争・逃走反応』という実験報告をしています。動物が身の危険を感じると、アドレナリンが分泌され、交感神経が活発に働きだし、瞬時に行動を起こす準備が整います。その一方で、緊急時に必要の無いほかの機能は著しく低下します。こうして、動物は緊急事態に備えて、戦ったり逃げたりするエネルギーを蓄えることができるのです。人間にもこの能力は備わっています。

しかし、人間の場合は闘争も逃走もあまり好ましくない事態を招くことがほとんどです。人には役にたたない能力なのか?そんなことはありません。実は、アドレナリンなどのストレスホルモンは、筋肉と脳に効率よくエネルギーを運ぶ役割をすることがわかっています。

火事場の馬鹿力という言葉は誰でもきいたことがあると思いますが、アドレナリンが体内に放出されるということは、まさにこの状態です。火事や事故など危機的状況に遭うと、とんでもなく重いものを持ち上げて逃げ出したり、人を救ったりできるのはストレスホルモンのおかげなのです。

ストレスは身を守るために重要な役割をになっていることも多いのです。

そもそも、ストレスとは何か

ストレスという言葉は、ハンス・セリエという生理学者が1936年がイギリスの科学誌『ネイチャー』で『ストレス学説』を発表したことで広く知られるようになりました。セリエは、この学説の中でストレスを『外部環境からの刺激によって起こる歪みに対する非特異的反応』と定義し、その現象を起こす要因を『ストレッサー』と名づけました。
人の体や心は、常に一定のバランスをバランスを保つように調節されています。このことはホメオタシス(恒常性)を維持するという表現をつかいます。このホメオタシスをコントロールする仕組みを『生態機能調節系』といい、主に自律神経系、内分泌系、免疫系の3つがあります。
自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなっています。自律神経は人間の臓器をコントロールする働きがあります。自律神経は昼間、人間が活発に活動しているときに働きます。副交感神経はそれとは逆に、リラックスしているときや、睡眠時に働きます。
内分泌系は主にホルモンの分泌をつかさどります。ホルモンは内分泌腺(甲状腺、副腎など)から必要に応じて血液に放出され、その作用を必要とする部位にまで運ばれます。アドレナリンなどは特に有名で、血圧上昇や心拍数の上昇につながり、ストレスとも密接な関係があります。
免疫系は白血球やリンパ球など、外からの異物(ウイルス、細菌など)を排出する機能をになっています。
人の健康は、このような様々な機能によって支えられているのですが、外部からあらゆる物理的、心理的なストレッサーをうけることによって、人の心理面、行動面、身体に影響を及ぼします。これをストレス反応といいます。一般に広く知られているストレスは、このストレス反応をさしていると思っていいでしょう。
ストレッサーが生体機能調節系を刺激し、ストレス反応が起こるということは比較的早くからわかっていましたが、生態機能調節系の仕組みが解明されていなかったため、なぜストレスが人の心身に大きな影響を与えるのかは、長い間ブラックボックスのままでした。しかし研究がすすみ、生体機能調節系の働きがわかってくると、ストレッサーの種類によって、ストレス反応にも違いが出てくるということがわかってきました。
ストレスには、『身体的ストレス』と『心理的ストレス』の2種類があります。身体的ストレスは環境や物理的な要因(天気、騒音、タバコ、アルコールなど)が原因でおこるものではり、心理的ストレスは職場や家庭などの人間関係が原因でおこります。
身体的なストレスと、心理的ストレスは脳のかかわり方が違うといわれています。マウスを使った実験ですが、一匹には金網でくるんで動けなくする、電気ショックを与えるなど(ひどい…)の物理的ストレスを与えます。もう一匹には、透明なアクリル板で作った部屋からそれを見せます。これは心理的ストレスを与えることになります。
身体的ストレスは脳幹の延髄を通して、視床下部と視床に伝達されます。視床下部は生体機能調節系をつかさどっています。
心理的ストレスは、大脳皮質と大脳辺縁系を通して視床下部に伝達されていきました。大脳皮質は主に人の脳で発達しており、自分の今の状態を認識する働きがあります。大脳辺縁系は、つらさなどの感情に関わっています。心理的ストレスが、心にも影響を与えるのはこれが原因になっていると考えられるのです。

1 3 4 5